債務整理に必要な委任状

過払い請求や債務整理をするときに弁護士や司法書士に依頼をするのであれば、委任状を提出しなければならない場合が多いでしょう。

委任状とは、自分の代わりに弁護士や司法書士が債務整理や過払い請求を行ってくれるということを書いたものです。

この委任状がないと、弁護士や司法書士は手続きをはじめることができませんから、非常に重要な書類だと考えておくべきです。

ですから、依頼をする初期の段階で提出を求められます。他にも必要な書類はありますが、委任状だけはできるだけ早くに提出して、債務整理や過払い請求の手続きを進めてもらいましょう。

債務整理は速やかに弁護士へ相談しよう

現在、クレジットカードのリボ払いや、キャッシング、銀行が発行するローンカード等、ローンが組みやすい金融商品が多数あります。これらの金融商品は現役で働いている方でも、生活に必要な高価な生活家電品が突然壊れたり、突然の冠婚葬祭など、一時的に多額の費用が必要になったときの強い味方であると同時に、借りやすいため銀行から現金を引き出す感覚に陥ってしまい、必要以上に借り入れてしまうというデメリットもあります。

負の連鎖に陥ると多重債務という状態になってしまいます。もし債務が積もってしまったら、債務整理の相談を弁護士へ。債務整理の方法は色々あり、個々にあったもっともよい整理方法を弁護士が教えてくれます。

確実で安心な債務整理をしたいなら弁護士へ相談しよう

債務整理と聞くと真っ先に「自己破産」とイメージしてしまう方も多いのではないかと感じます。実は手続きには様々な方法があり、過払い金返還請求や個人再生など、個人の借金に合わせた方法をとることが必要になります。

債務整理を行うには法的手続きを踏む必要があり、個人で行うにはとても難しく、法的解釈が分からない等、ハードルが高いと言えます。そこで相談を受けてくれるのが弁護士です。法律のプロである専門家であれば、個人に合った方法を提案してくれるので、確実に手続きを踏んでくれます。まずは相談を受け付けている弁護士事務所も様々なので、無料で相談してくれる事務所などを利用しましょう。

債務整理はどんなことをするのか

債務整理は、借金を返済するために国が認めた法的な手続きのことです。借金に苦しんでいる人を救う手だてになります。ただし、言葉では手続きをしたら借金がチャラになると簡単に聞こえますが、手続きをするためにも弁護士などに依頼を出すだけでお金が多くかかってしまいます。

そこで、個人で行うことができます。それを『特定調停』と言います。裁判所に債務整理がしたい旨を告げると、裁判所が間に入って借りた人と貸した人の間をもってくれます。この方法を使えば、弁護士などに依頼するよりも、コストパフォーマンスは非常に良いです。

任意整理、債務整理、過払いを大阪で相談する法律事務所なら

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階

JR大阪駅すぐ。阪急梅田駅、阪神梅田駅、大阪地下鉄梅田駅、西梅田駅、東梅田駅 近く

TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 【HP】

https://www.kabaraikin.com/ 【過払い金ナビ】

https://www.shakkin.net/ 【債務整理ドットネット】

https://www.jikokaiketsu.com/ 【交通事故解決ドットコム】

https://www.bgata-kyufukin.com/ 【B型肝炎給付金ナビ】

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階

JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

債務整理関連