自己破産をすることによる保証人への影響

借金というものは、事前に入念な返済プランを立てておいて無理のない返済を心掛けた上で行うものですが、ときにはやむを得ない事情から当初の予定通りに返済を続けていくことができなくなってしまうこともあります。

そのような場合、状態をそのままにしておくのは得策ではありません。借金の返済を続けていくことが出来なくなってしまったときには早急に何らかの手段を講じる必要があります。

もしも、多額の借金を抱えているような場合には弁護士へ依頼をして自己破産をするというのもひとつの有効な手段となります。

ただし、自己破産をした場合、免責許可されるのは自己破産をした人に限定されるため、保証人に迷惑がかかることになります。

そのため、そのようなことのないように借金をする際には無理のない金額を借りるにとどめておくべきです。