司法書士の簡裁代理権

司法書士の簡裁代理権とは、簡易裁判所で扱う民事事件を代理することが出来る権利を言い、2003年4月に制度化されたこととして記憶に新しいです。

これによって、司法書士も簡易裁判所で弁護士と同様に法廷代理人として活躍する場が広がったことが言われています。

具体的には、訴訟の金額が140万円を超えない訴訟手続きだったり、金銭や手形・小切手による支払い手続きや、訴える前の和解手続きなどです。

簡易裁判所で扱う民事事件では少額訴訟がメインでもありますが、司法書士の簡裁代理権が認められることで、不動産の登記業務以外にも身近な街の法律家として重要な役割を果たすほどになっています。