検討すべき過払い

債務整理前にまず検討すべきであるのは、過払い請求です。

利息制限法で規定されている上限金利を超えた金利での借入があり、その金利に従った返済を行っている場合には、利息の払い過ぎ、すなわち過払いになっている可能性があります。

過払い金が発生していれば、その過払い金を返してくれるよう借入の相手方に請求することができます。これが過払い請求です。

債務整理を行う前に過払い請求を行えば、債務が軽減もしくはなくなり、債務整理を行わなくても良くなる場合があります。

従って、債務整理の前にまず過払い請求を検討すべきなのです。

過払い金の確認

消費者金融と5年以上の長期契約をしている方は利息を払い過ぎている可能性が高いようです。もし、過払い金が発生していると過払い金返還請求をすることができます。

現在借金返済に困っている人にはとても有り難いことだと思います。今までの借金を見直して、過払い金の確認をしてみましょう。

弁護士や司法書士に依頼すると、貸金業者に今までの借入情報を取り寄せて計算してくれますので、契約書や返済領収書がなくても大丈夫です。過払い金返還請求をすることで、元金がなくなる場合もあるようです。

また、完済した人でも過払い金返還請求をすることは可能です。