債務整理は弁護士との面談が必要

以前は債務整理をしてほしいという時に弁護士に電話をして着手金を支払うと、問題解決に取り組んでくれた事もあったそうです。

しかし、日弁連は指針を出し、今では債務整理は弁護士との面談が必要という事になっている様です。

ですので、忙しくて事務所に行けなくても、何とか都合を付けて弁護士と面談しないと債務整理を行ってもらえないそうです。

手間はかかるかもしれませんが、手続きをしないと大変な事になってしまう可能性もありますので、面倒がらず事務所に訪問する様にしましょう。

どうしても無理な場合には出張サービスを行ってくれる所を見つけるといいかもしれませんね。借金の負担を減らすためにも債務整理にはきちんと対応したいですね。