特定調停

特定調停は、平成12年2月から施行された簡易裁判所を利用して負債を軽減する手続きです。

任意整理との違いは、裁判所を利用するかしないかです。特定調停は専門知識がなくても個人で比較的簡単に申立することができるので弁護士費用がかかりません。

任意整理と同様に利息制限法で引き直し計算をした残りの債務を3年以内に返済できるかどうかで特定調停をするかどうかを考えましょう。

特定調停が決まり、約3年間返済を続けますが、もし返済が滞ったり、毎月決められた返済額を下回った時に、債権者は債務者に強制的に借金返済を執行できる力がありますので注意が必要になります。

万が一返済に滞りがあった場合、給与や財産となる高価なものを強制的に差し押さえられても法的に、問題がないということです。
そのため、返済期間は必ず、返済計画通りに、債務者は返済を行わなければなりません。