任意整理

お金を借りた者(債務者)者が、お金を貸した業者(債権者)と直接話し合い、返済計画を提示し、それに伴い利息分や借金返済額を減免してもらうことを任意整理と言います。

任意整理は金融業者と直接話し合いをし、 利息分を減免することで、徐々に元金が減ることを見込んで提示しますので、個人ですると取り入ってくれない場合があります。

出来る限り任意整理は弁護士や司法書士に依頼することが望ましいでしょう。

話し合いで両者が納得できれば、3年間で借金を返済する形になります。
3年間の返済期間を終えると、借金が完済されるように計画するケースが多いです。

任意整理は原則として、3年または最大で、60回払いつまり5年間で、その借金を返済し、その後残った債務は免除してもらう形になります。